子育てを卒業したら、自分の時間を楽しもう☆彡
せっかく自由な時間ができたのに、何をしたらいいかわからない。。 そんなあなたに♪
ワンコのいる生活

ワンコのいる生活♪うちには、どんな犬種が合っている?☆彡

dog1

こんにちわ ミーコです!

ワンコを迎えたくなったら、どんなワンコが飼いやすいのか?
そもそもどんなワンコがいるのか?

知りたくなりますよね(^^)
では、自分と相性のよい可愛いワンコを探しにいきましょう♪

dog1

飼いやすいワンコとは?

①毛抜けが少ない
②臭いが少ない
③お散歩がいらない(少しでよい)
④しつけがしやすい
➄無駄吠えが少ない
⑥温厚な性格
➆遺伝的な疾患が少なく、丈夫。

これも飼う人の性格とも関係があります。
優先順位をつけると、考えやすいですね。

dog5

飼い主さんカルテ☆

では実際に次の質問に答えることで、上の表と照らし合わせて
自分のワンコの優先順位を明確にしましょう♪

①きれい好きで抜け毛は我慢できない。
➁匂いに敏感で、ペット臭が気になる
➂多忙で決まった時間にお散歩出来ない。あまり歩きたくない。
④根気よくしつけたりするのは苦手。
⑤キャンキャン鳴くのが嫌。集合住宅。
⑥元気な子よりも、大人しく抱っこされる子が希望
➆特別な外見よりも、丈夫な子がよい

こんな風に考えると、一緒に暮らしやすい犬種が絞れます。

dog3

特に毛抜けや臭い・お散歩などは、犬種で変わってきますので、そこは真剣に考えましょう。

ワンコは体内時計がしっかりしている子も多いので、お散歩をするならだいたいの時間は
決めてあげる方がよいです。

出張や外出が多い人は、最初に預ける先を探しましょう。小さい時から預けるようにして
そこも第二のお家として泊まれるようにしつけると飼い主も楽です。

ペットショップやブリーダーさんの所でワンコをよく観察しましょう。
子犬同士でじゃれあったり、噛み合ったりしている子は、わんぱくです。
お外でボール遊びなどしたい人に向いています。

ずっと寝ている子は、おとなしい子です。比較的飼いやすいとも言えます。

飼いやすいワンコを表にしてみました☆

dog6

留守がちでお散歩が厳しい人には、チワワが向いています。お留守番もできますし、室内で
遊んであげる程度で運動になります。きちんとしつければ無駄吠えも心配ありません。

一緒に運動したい人には、ダックスフンドが向いています。ただ、お散歩がきちんと出来る人で
ないと可哀想です。元が狩猟犬なので、好奇心旺盛できちんとしつける必要があります。

エレガントなワンコがお好みの人には、断然キャバリアが向いています。綺麗な長毛な割に
抜け毛が少ないです。温厚で優しく、愛くるしい瞳が特徴です。

常にランキング上位のトイプードルは、とても飼いやすいのですがトリミングの必要があります。
月1万程度かかるのと、トリミングに行く時間が必要になります。

シーズーは大人しくて、散歩も少なくて良いので飼いやすいのですが、遺伝的欠陥がある子も
います。長毛なので、お手入れがマメにできる人が向いています。

飼いやすさはともかく、ルックス重視!という方には☆

よくイラストにもされるミニチュアシュナウザー。

スタイリッシュといえば!という感じのイタリアングレーハウンド。
毛が気になる方にも良いですね。

蝶々のような可愛いお耳が特徴のパピヨン。

ポメラニアンも毛のお手入れができれば比較的飼いやすいです。

家族でよく話し合って、だいたいの犬種を決まったら
さあ、赤ちゃんに会いに行きましょう☆彡