子育てを卒業したら、自分の時間を楽しもう☆彡
せっかく自由な時間ができたのに、何をしたらいいかわからない。。 そんなあなたに♪
アラフィフ女子国内旅行

鎌倉散策♪佐助稲荷神社&銭洗弁財天で金運/開運☆彡

sasuke2

佐助稲荷神社☆

王道の鎌倉名所はだいたい制覇したので、他にないかしら?と調べたところ
「佐助稲荷神社」の写真が伏見稲荷神社に似ていて目を引きました。
行ってみたいな♪と思う反面、他の写真が山奥の寂しそうなものだったので
ちょっと迷ったのですが、行って大正解でした!

銭洗弁財天とは近道を行くとすぐですので、ぜひセットでお参りください(^^)/

sasuke1

鎌倉は全体が強力なパワースポットだと言われています。定期的に鎌倉に行きたく
なるのは、そのせいでしょうか( *´艸`)

春の桜に、初夏の若竹・夏の湘南・秋の紅葉・冬のお寺巡りなど、いつ訪れても
飽きることがありません♪

鶴岡八幡宮にはじまり、有名なお寺も数多くあり、江ノ島七福神などもあるので
どこを廻るか悩ましいところです。

今回はメジャー所の次に廻りたい2つの神社へお参りしてきました(^^)

佐助稲荷神社&銭洗弁財天 行き方☆

sasuke

鎌倉駅から1.3Km、徒歩20分ほどです。
ぜひ佐助稲荷⇒洗弁財天とセットで廻りましょう!
というのも、この佐助稲荷神社→銭洗弁財天への近道があります!

しかもこの近道で行ったほうが、長~くてきついー!と言われる坂道を下ることができるのです(^^♪sasuke2

伏見稲荷を彷彿とさせる感じでインスタ映えしますね☆

sasuke3

気持ちのいい新緑の中を進んで行くと、お社に到着します。

佐助稲荷神社 ご由来☆

神社の縁起によりますと、平治の乱後に伊豆に配流された源頼朝の夢に、稲荷の神霊が
老翁の姿で現れ平家討伐の時節到来を告げて挙兵をうながしたといいます。そのため
平家討伐後「佐介ガ谷隠れ里」の霊地を選び、畠山重忠に命じて社殿を造らせたそうです。
そのことから「出世稲荷」とも呼ばれています。
強運ですね!

銭洗弁財天 宇賀福神社☆

佐助稲荷神社の近道から行くと、ここは出口になります。
近道から来ないとここに辿りつくまでに、長~い長~い坂道をひたすら上ることになります(^^;
疲れないお洒落パンプス お薦めはこちら

zeni

銭洗弁財天に着いたら、まずここで「お線香とロウソク」を100円で購入し、ざるを借ります。
御朱印もこちらで頂けます。おみくじも100円で引くことができます。
zeni2

ざるとロウソク・お線香はこんな感じです。
zeni3

おみくじも売っています。まずこのロウソクに火を灯もし、お線香に火を着けます。zeni4

映っていませんが、この下にある柄杓で御水を汲み、ざるにお金を入れて洗います。

銭洗弁財天 ご由来☆

源頼朝が巳年である1185年(文治元年)の巳の月(旧暦4月)巳の日に見た霊夢に
従い、佐助ヶ谷の岩壁に湧く霊水を見つけ、そこに洞を穿ち社を建てて宇賀神を
祀ったと伝えられます。
同じく巳年の1257年(正嘉元年)に、北条時頼がこの霊水で銭を洗って一族繁栄を
祈ったのが銭洗の始まりだといわれます。(Wiki Pediaより抜粋)

銭洗弁財天 洗ったお金はどうする?

洗ったお金は持っていても使っていいそうですが、有意義に使うのが1番良いそうです☆
洗ったお札を煙で乾かす方がいて「そうすると良いのですか?」と尋ねたところ、単に
乾かしたかったとのことでした(^^ゞ
ハンカチ必須です!

銭洗弁財天 お守り・拝観料・時間☆

zeni2

お守りは色々揃っていて、可愛い鈴のお守りもありました。中でもこの小判は欲しいですね( *´艸`)
これをお財布の見える所に入れておくと良いそうです。
紙が破れてしまったら、紙から出していいそうです。私は小銭入れにいれています☆

拝観時間は8:00~16:30です。
拝観料は特にありませんが、ろうそくとお線香で100円です。

売店でちょっとしたおやつや、ビール・お土産などを売っています♪

あなたも佐助稲荷&銭洗弁天で開運しませんか?