子育てを卒業したら、自分の時間を楽しもう☆彡
せっかく自由な時間ができたのに、何をしたらいいかわからない。。 そんなあなたに♪
世界一幸せなお姫様

世界一幸せなお姫様は誰?《千姫 / 姫路城》最強の生まれにして、過酷な運命を強く生き抜いた姫君☆彡

hmg1

こんにちわ ミーコです!

「お姫様になりたいなあ~(#^^#)」なんて、1度くらいは思ったことないですか?

シンデレラコンプレックス世代の私は、「世界一幸せなお姫様って誰なんだろう~?」なんてネットサーフィンしながら妄想したりします(^^ゞ

ところが、調べていく内に、案外「幸せ」なお姫様って見つからないのです。。
(厳密にはプリンセスとは王家に生まれた女子をさすそうですが、ここでは嫁いできた姫君も含みます)

princess

そもそも「幸せ」の定義って人によりけりなので一概には言えないのですが、一般的に考えたおとぎ話的な「幸せ」とします。

「裕福な生まれ」「愛情をかけてもらって育つ」「綺麗なドレスやお菓子がいっぱい」「王子様と結婚する」
こんな感じでしょうか( *´艸`)

いい年こいて私は気づいたのです!おとぎ話はすべて結婚するまでで終わっていることを~(;”∀”)

家康が祖父、信長の姪・お江を母に持ち、義父は秀吉☆

千姫はある意味、最強の生まれじゃないですか?(^^;
そしてお市の方様のお孫、容姿端麗だったといいます。

7歳で秀頼と婚姻し大阪城で暮らします。それはそれは立派な花嫁道具だったと伝わっています。
秀頼とは子宝には恵まれませんでしたが、仲睦まじかったそうです。

sen
(弘経寺蔵)

19歳の時に大坂夏の陣で大坂城は落城 淀殿・秀頼は自害★

しかし、そんな幸せは長くは続きませんでした。。家康の命により救出された千姫ですが、

父・秀忠からは「なぜ夫・秀頼と共に自害しなかった」と冷たく言われたそうです(/_;)

osaka
(大阪城HPよりhttps://www.osakacastle.net/)

秀頼には国松(後に処刑)と奈阿姫の2人の子供がいましたが、千姫らの助命嘆願により奈阿姫(天秀尼)は

鎌倉の東慶寺へ入ります。天秀尼とは生涯文のやり取りがあったといいます。

この東慶寺は後々、家光の援助もあり幕府公認の「縁切寺」として数々の女性を救うこととなります。

tensyuni

天秀尼像(東慶寺蔵)

再婚にあたり、縁切寺の満徳寺(群馬県太田市)へ☆

秀頼とは離縁した訳ではないので、形式的に短期間尼になり、豊臣家との縁を絶たせました。

その代わりとして侍女が尼になって生涯を終えています。なんだか可哀そうですね(^^;

桑名藩主・本多忠政(本多忠勝の長男)の嫡男・忠刻と結婚☆

しばらく江戸城で暮らしていた千姫ですが、1年後新たな縁談が持ち上がります。

・救出される途中で、千姫が本多忠刻をみかけ(誰もが振り返る美男子だったと記述あり)見染めたという話もあります(^^;

ほどなくして本多忠刻のもとへ嫁ぎます。結婚の翌年には、本多家が姫路に移ったことに伴い、姫路に移りました。忠刻には千姫の化粧料として播磨10万国が与えられました。千姫が姫路城に入る際には、馬500頭と供850人が付き添ったといいます。

(以下写真は姫路フォトバンクよりhttp://www.city.himeji.lg.jp/topic/photobank.html)hmg1

そこでの結婚生活は幸せで、千姫と忠刻の間には長女・勝姫と長男・幸千代が生まれました。

幸千代の急逝★

しかし幸せは長くは続きませんでした。幸千代はわずか3歳で急逝してしまい、悲しみにくれた千姫は流産を繰り返すようになってしまいます。化粧櫓から望む男山に「千姫天満宮」を建立し、千姫が魔除けとして持っていた羽子板が奉納されています。千姫は男児に恵まれず、男山が見える渡廊下から毎朝この天満宮を拝んでいたそうです。

otoko

姫路城から望む男山

hmg5

天守閣からの眺望♪千姫もこんな空を見ていたのでしょうか(#^^#)

31歳の若さで忠刻が病死★

参勤交代から戻った忠刻は結核により、31歳という若さで病死してしまいます。

亡くなった日は、奇しくも大阪城が落城した日と同じ5月7日でした。。。

長女を連れ、江戸へ戻る☆

忠刻には男子がなかったので、家督は弟が継ぎ、千姫は弟の家光の勧めもあって江戸へ戻ります。

その後は天樹院として2人の夫を弔い、勝姫とともに暮らしました。

悲劇のヒロインにならず、強く生き抜いた千姫☆

家光の3男徳川綱重を養育したことから、大奥でも大きな権力を得るようになります。

長女・勝姫が嫁いだ岡山で洪水が発生して大飢饉もあり、餓死者は3000人を超えました。

千姫は江戸幕府に働きかけて4万両を送ったとされ、現在の価値で40億円あまり。20万人もの命を救いました。

千姫は当時とするととても長生きで、70歳でこの世を去りました。

運命に翻弄されながらも、つねに人の事を想い、民の為に生きた人生は、現代の女性も憧れる姫君なのかもしれません。

hmg2

姫路城に咲き誇る桜を、いまも天からご覧になっていることでしょう☆彡